医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部・受験相談 医学部受験ニュース

【高3必見】1年後必ず医学部受験に合格するために今やるべきこと【初浪人生活】

医学部予備校メディセンスの垣本です。
医学部受験も佳境に入ってきており、メディセンスの雰囲気も東京・大阪校ともに良い緊張感が漂ってきています。また、新規の入校生も集まってきてくれています。
今回は来年度再受験することが決まっている現高校3年生に向け、1年後のために今できることを挙げてみました。
ぜひ最後まで読んで、できることから早速実行に移してみてください。

今一度なぜ医学部に行きたいか考える


あなたはどうして医学部に合格したいのでしょうか?
親が医者だから、年収が高いから、憧れがあるから、理由は様々かと思います。
それは医学部じゃないといけないのでしょうか?
他の学部ではいけないのでしょうか?
今一度あなたが他の学部でなく医学部に通いたい理由について考えてみましょう。
これから1年間の浪人生活は、精神面でも、自分との戦いです。
あやふやなゴール設定では、どんなに真面目で意志の固い人でも1年間自分と戦い続けることはできません。
しっかりと自分と向き合って明確なゴール設定をし、1年間の浪人生活を有意義に過ごしましょう。

もし医学部でなくてもいいと判断したなら、学部変更するのも手です。
変更することは悪いことではありません。ただ、それに気がつくのが1年後の受験直前だと後悔してしまいます。
メディセンス公式LINEでは進路相談を随時無料で受付中です。
一人で決められないという方はぜひこちらも利用してみてください。

志望校を私立か国公立どちらにするか決める


次に国公立大学医学部を目指すか、私立大学医学部を目指すか、どちらを第一志望にするかを決めましょう。
決定のために必要な軸は3つです。

一つ目は研究設備です。

大学によって研究設備にお金をかける場所が違います。
国公立大学医学部の研究設備は、国からの補助金があることもあり、どの大学も設備が充実しています。研究医を目指していくには、国公立大学の方がメリットが大きいです。
私立医学部ももちろん充実していますが、大学別に力を入れている研究設備が異なります。そのため、自分が専攻したい研究分野が決まっている方は、志望校を決める時に研究設備を軸として志望校決定することが重要になってくるでしょう。

二つ目は金銭面です。

まず国公立医学部と私立医学部は学費や受験料など金銭的な違いが大きいです。
例えば学費は国公立医学部が6年間で平均360万円程度なのに対し、私立医学部はその10倍ほどで平均は3300万円です。
受験料は国公立大学が一次試験が18,000円+二次試験が17,000円で合計35,000円なのに対し、私立大学は一校あたり60,000円です。
しっかりとご家族も交えて話し合うといいでしょう。

最後が受験科目数です。

国公立大学医学部の受験科目の必要科目は5教科7科目なのに対し、私立医学部は共通テストを使わない試験方式を選べば、3教科3or4科目(+面接、小論文)となります。
私立大学は国公立大学と比べると、必要教科数が少なくなりますが、その分テストの難易度が高いことも多いため、深く対策することが必要です。
一つ目と二つ目を考えた上でどちらにするか迷っている場合は、多くの科目を勉強するか少ない科目を深く勉強するか、どちらで1年間勉強を続けられそうかで考えてみましょう。

こちらもメディセンス公式LINEでは随時無料で相談受付中です。
一人で決められないという方はぜひこちらも利用してみてください。
(関連記事URL:【医学部受験】私立医学部と国公立医学部受験の違いとは?どちらを受験するべき?)

医学部専門予備校に通い始める


最後に医学部専門予備校の利用検討を開始しましょう。
よく公式LINEやお電話で「医学部専門予備校に通った方がいいのか」ということをご質問いただきます。
結論から申し上げますと、1年間で医学部合格したい意思が固い方なら、絶対に医学部専門予備校に通った方がいいです。その理由について簡単にご説明させていただきます。

・精神的な問題

偏差値30から医学部合格した、当校の顧問医師である石井洋介先生も著書の中で予備校に通うことをオススメしています。以下引用です。

一人で勉強していると、自分の実力が見えませんし、不安に押しつぶされてきます。予備校に行くと、「あんなに勉強している奴がいる」と刺激をたくさん受けるし、逆に勉強で悩んでいる時には「みんなも同じように悩んでいるんだ」と胸をなでおろすこともあります。人の勉強している様子を見ることは、自分を客観視するためにとても大事です。(中略)
「受験は一人で頑張らない方がいい」というのが、僕の持論です。(中略)
分からないところを教えてもらったり、いらなくなった参考書を交換したり、そういう実質的なところも良かったけれど、何より友達がいると、予備校に行くのが楽しくなります。ひたすら孤独に勉強をしていた1年目より、友達と過ごす時間が増えたほうが、かえって勉強に身が入り、効率もよくなりました。
一人で勝つより、みんなで戦うほうがいい。

医学部受験は他学部受験と異なり、勉強内容や情報戦であったりなどかなり特殊な戦いです。
予備校で出会う友達が全員同じ学部を目指している環境での方が、より感情や情報を交換しやすく、1年間の浪人生活を効率的に乗り切ることができます。

・医学部情報

医学部受験は情報戦でもあります。
医学部に特化した予備校の方が、そうでない予備校に比べより専門的な情報をたくさん持っていることは明らかです。
再び石井先生の著書からの引用です。

また、予備校にはありとあらゆる受験情報がある。参考書もたくさんあるし、長年蓄積した合格予測の方法も豊富です。様々な相談もできます。(中略)当時は予備校を使わない手はありませんでした。

ここで予備校を選ぶ時に重要なのが、全体の合格者数にとらわれず、合格率や、志望大学の医学部受験を得意としている予備校を選ぶことです。無料で体験授業を実施するなど、入校前から雰囲気が分かり、心底自分に向きあってくれるところが良いです。医学部に合格している方の中には、もともと進学校に通って講習だけ受けている受験生などもカウントしていることがあります。医学部受験は熾烈です。専門の情報収集が非常に鍵となってきます。

ただ、住んでいる周りに医学部専門の予備校がないという方も多いかと思います。
そういった方におすすめなのが「メディセンス・オンライン」のサービスです。

地方住み受験生におすすめなのが「メディセンス・オンライン」

医学部予備校メディセンス
「メディセンス・オンライン」とは、全国全世界どこでも徒歩0分の「オンライン校舎」として、医学部受験の対策授業を受講できる、医学部専門予備校のオンラインverです。
医学部受験のための完全オンライン・遠隔授業のクオリティは「全寮制オンライン予備校」という呼ばれるほど、対面と変わらないと好評です。
「メディセンス・オンライン」では新学期に向けて、オンライン・遠隔授業の受講にご興味を持つ生徒や親御さんを対象に、無料のカウンセリング(相談)と体験授業を募集致します。
コロナ禍で外出しづらい方でも、全国どこからでもオンラインを通じて遠隔授業を受講して頂けます。
まずは「メディセンス・オンライン」の授業について、医学部受験の確かな実績、厳選された講師陣についてお話をさせて頂ければと思います。
気になる方は電話または公式LINEにてお気軽にご相談ください。

今すぐメディセンス無料体験授業を受けてライバルと差をつけよう

1年後の医学部受験はもう今から始まっています。
メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
少しでも興味のある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 

2021年度医学部受験生必見!

上記の内容+αを各大学別にまとめた、 2021年度の医学部受験のしおり(東京,大阪会場版)をただ今無料配布中!
全ての私立医学部受験大学の入試日程と受験会場アクセス、募集人数などの募集要項を網羅。 また、合格最低点や合格倍率、更には医学部合格の実績豊富な「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスまでお伝えします。

全医学部受験大学の受験のしおりはこちらから

 

2021年度医学部入試直前対策実施中!

解答速報の実施 + 直前講習・1講座無料

大学別の対策テキストを無料配布中

メディセンスではLINE、電話、メールにて
随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」