医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部受験ニュース

今年悔しい思いをした人へ【医学部受験】

医学部予備校メディセンスの垣本です。
今回は、2021年度入試にて悔しい結果となった方に向けてお話しをします。
ぜひ最後まで読んで参考にしていただけたらと思います。

今の悔しさを絶対に忘れないで

医学部受験 中学 高校 さて、皆さんはこの数ヶ月、不合格という文字を目にした瞬間からの数ヶ月をどのように過ごしてきましたか?
1年間入試に向けて準備してきた日々が報われなかったというのは、今後一生忘れることのできないほどショックだったことだろうと思います。
多浪を繰り返していた方は、医学部受験をあきらめることも考えたかもしれません。
高校生だった方は、浪人をするか迷ったかもしれません。
しかし今この記事を見ているということは、恐らく再び医学部受験にチャレンジしようと思っているのだと思います。
今回は悔しい思いをしたけれど、今年医学部受験に再チャレンジする方に向けてお話をしたいと思います。

さて皆さんには今すぐやってほしいことがあります。
それは今の悔しい思いを紙に書き、目に見えるところに残しておくことです。
人間は忘れやすい生き物です。
数ヶ月しか経っていない今は、まだ悔しい思いをしっかり胸に蘇らせることができますが、夏休み前にはその思いは半分ほどになると考えてください。
それではこの1年のモチベーションが続きません。
紙に書いておくことで、常にその気持ちを思い出すことが出来ます。
また同じ思いをしないためにも、しっかりと紙に書いておきましょう。

2021年度入試での敗因を知ろう


また、2021年度入試でどうして不合格になってしまったのか、しっかりと分析することが大切です。
不合格になるには大きく分けて3つ理由があります。
1つ目は実力不足。
2つ目は面接対策不足。
3つ目は、実は志望大学の傾向があなたと合っていなかった。
以上が挙げられます。
1つ目、2つ目は自分で判断ができるかもしれませんが、3つ目に関してはプロに判断してもらう必要があります。

メディセンスではそうした方々に向けて、独自の学力診断テストを用意し、それを基にしてあなたの傾向を分析しアドバイスするというサービスを無料で実施しています。

また、自学自習という言葉が最近とても塾や予備校選びのキーワードとなったり、そのための本が発刊されたりして流行となっていますが、あくまで「最終的に」自学自習できるだけの知識や経験を身に付けるべきであり、最初から「正しく」自学自習できる生徒さんは受験生の中で10%もいないです。そうした方々にも、独自の学力診断テストを用意し、それを基にしてあなたの傾向を分析しアドバイスするというサービスを無料で実施しています。

ぜひ気になった方はお電話または公式LINEにてお問い合わせください。
今年度入試こそ、悔しい思いをしないよう、できることは全てやって合格を勝ち取りましょう。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 
 
 

無料学力診断受付中


1科目 60 分でテスト→専任プロ講師が弱点や課題点を分析し、アドバイスします。
東京麹町校または大阪天満宮校にて、全科目無料で参加できます。

↓以下のフォームから気軽にお申し込み下さい↓
https://medisense.co.jp/test-interview/

無料体験授業受付中


メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
ご興味ある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。

また、メディセンスではLINE、電話、メールにて随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」