医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部受験ニュース

2浪目で多数の大学に医学部正規合格!2人の合格体験記【2021年度】

医学部予備校メディセンスの垣本です。
昨年度2浪目で合格した当校の二人の生徒の合格体験記を、インタビュー形式でご紹介します。
同じ志望校の皆さんは、この記事を読んで「自分もこうなるんだ」と明確にイメージし、さらに士気を高めましょう。

2021年度合格したE.TさんとS.Kさん


E.Tさん
正規合格:愛知医科大学、杏林大学、昭和大学、帝京大学
補欠合格:北里大学

S.Kさん
正規合格:愛知医科大学、聖マリアンナ医科大学、獨協医科大学
補欠:岩手医科大学、金沢医科大学

二人の合格体験記

ー合格おめでとう!

K、T:ありがとうございます!

ー二人とも合格までに実質二浪したんだよね?一浪目はどうやって勉強していたの?

K:浪人一年目は医専の個別指導塾に行ってました。
高校生まで勉強をまったくやってこなかったので、出来るところ出来ないところを把握できたのはよかったけど、授業を受けていない時はいつも基本的に一人なので、同世代の話し相手がいなくてすごくストレスを感じていたし、競争心も全然湧かなくて到達点がわからなかった。

T:僕は医専の集団予備校に通ってました。
ずっとエスカレーター式の学校で僕もほとんど勉強してこなくて、「0からどうしよう」という時に予備校の違いとかもわからないまま、とりあえず関東でそこそこ大きい医専予備校に通ってました。もくもくと勉強に励んで着実に力は付いてきたと感じたけど結果が出ませんでした。

ーメディセンスに来てよかったところはどんなところがあったかな?

K:やっぱり集団の方が競争ができるところがよかった。
各科目、レベルに合わせた少人数の集団だったから高校みたいな感じで、同じクラスの友達はライバルなんだけど、しんどいときは勉強のことは忘れてご飯にいったりしてリフレッシュできた。
朝起きて「今日、塾行きたくね~」って日が無かった。
みんながいなかったら今の僕はいないと断言できます。

T:先生との距離が近かった。成績に直接結びつく知識なんかはもちろんなんだけど、日々の心の持ち方や勉強への姿勢とかを学べたのはありがたかった。
生徒間の距離が近かったのもよかった。もちろんそれが裏目にでることもあると思うけど、うまくお互い高め合って勉強できた。

ー君たち含め何人かで、夜遅くまでホワイトボード2面使って化学の図式を書いてたのが懐かしいなぁ…テラコヤはどうだった?

K:先生が常にいてくれるのは心強かった。
いままで授業以外で先生と関わる機会がまったくなかったから新鮮だった。
わからないところがあったらすぐに質問できるのは助かりました。

T:自分で考えるってことも大切にしてくれたよね。
「この問題なら質問しなくても出来るだろ。そこは甘えるな」って言ってくれて、自分がどこまで理解しているかを理解してくれているから、「わからなければ全部聞けばいい」って感じにはならなかった。

K:そうそう!それもあって模試や本番でも、自分で問題を解くってことが出来たんだと思う。

ー授業だけじゃなくテラコヤでも着実に学力を高めていけたわけだね。二次対策はどうだった?

T:面接が下手ってのがわかってたから、夏ぐらいからかな。
僕は面接の先生にオリエン以外でかなり練習してもらいました。
よくあるテンプレートの質問は対策通りに、自分で考えて答える質問もその場で対応できたし、初めての面接以外はまったく緊張はしなかったですね。

K:僕は基本的にオリエンの時間と、一次受かってからの短い期間に何回かやって対策したかな。
やっぱり初めは頭にある言いたいことがうまくまとまらないし話せないしって感じだったけど、オリエンの回数を重ねるうちに、「自分はこういうことを考えてるからこう言おう」って瞬時にできるようになりましたね。

ー浪人時代のご家族のサポートで特に印象に残ってることってある?

T:恥ずかしい話しだけど、コロナ過だったから車で送り迎えをしてもらってました。一年間病気にもならず勉強に打ち込めたから感謝しかないです。

K:お昼のお弁当かな~中学時代からずっとだから、もうお弁当作らないでいいんだよ!って感じで、その時からの感謝の気持ちがありますね。

ー親御様が合格を知ったときはどんな感じだった?

K:確実に自分より喜んでましたね。正直自分は受かった実感がなくて、一次試験で結構ミスってたけどいけたんだ、みたいな(笑)
T:他の大学の試験中で結果見る前にメールで「受かってたよ!」って送られてきてネタばれされてました(笑)

ー最後に頑張ってる受験生達に向けて一言お願いします!

K:えぇ~そんなの言える人間じゃないですよ(笑)
T:それな!

ーじゃあ「一年前の自分に向けて」で!

T:「自分で考えることを大事にしろ」ですかね。
向上心を持って勉強に取り組めるし、自ずと理解も深まるし、結局闘うのは自分だから。
そういった時間をちゃんと理解して頼りすぎずにやったから、今の結果があると思います。

K:似ちゃうんですけど、「自分で勉強する癖をつける」ですかね。
朝起きたら顔を洗う、歯磨きをするみたいな感じで、勉強を習慣化する。
テラコヤで先生たちがいると甘えちゃうから、なるべく頼らないように自分で考えて勉強しようって意識しました。
その結果、なんとなくだけど自分にあった勉強の仕方が見えてきて、この先の大学生活や医師になってからも使える力を養えたんじゃないかな~って思います。

T:勉強が楽しくなったら勝ちだよね。
大学でも医師になっても、学ぶことばかりで勉強するしかないんだから、勉強をする習慣を理解するってのが浪人生だと思うな~

K:めちゃめちゃ良いこと言うな(笑)

T:だろ!

志望校選びに迷ったらメディセンスへ


メディセンスでは豊富な知識と経験を兼ね揃えた精鋭講師陣が常駐しており、公式LINEまたは電話にて随時相談を受け付けております。
ぜひお気軽にご相談ください。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 
 
 

無料学力診断受付中


1科目 60 分でテスト→専任プロ講師が弱点や課題点を分析し、アドバイスします。
東京麹町校または大阪天満宮校にて、全科目無料で参加できます。

↓以下のフォームから気軽にお申し込み下さい↓
https://medisense.co.jp/test-interview/

無料体験授業受付中


メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
ご興味ある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。

また、メディセンスではLINE、電話、メールにて随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」