医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部受験ニュース

【診断】実は勉強したフリになってるかも?怠けてないのに成績が伸びない人必見【医学部受験】

医学部予備校メディセンスの垣本です。
突然ですが、あなたのその勉強方法はしっかりあなたの実力になっていますか?
怠けているわけではないのになぜか成績が伸びないという方は、実は勉強したフリになっているかもしれません。
今回は、実は勉強したフリになっているかもしれない生徒の特徴を、チェックリストでまとめてみました。
何個当てはまるか、ぜひ診断して参考にしてみてください。

勉強したフリになってない?【診断チェックリスト】


勉強したフリになってない?【診断チェックリスト】
□授業終了後すぐに復習をしないことが多い
□授業では理解ができるが、課題になると急に解けなくなる
□不得意科目の課題は後回しにしがちである
□小テストの前は一夜漬けになりがちである
□同じ問題を何度も間違える
□勉強中ついスマホをいじってしまう
□勉強時間を増やしているのに成績が伸びない

勉強したフリにならない3つの勉強方法

医学部受験 難易度 
 
いくつ当てはまりましたか?
1つも当てはまらなかった、という方はきちんと成績に結び付く勉強方法ができています。
この調子で頑張りましょう。
1つでも当てはまった方は、勉強方法の見直しをお勧めします。
これらを改善する勉強方法は3つあります。

①その日のうちに「わかる」を「解ける」に変えること

②次の日のうちに「解ける」を「自力で解ける」に変えること

③一週間のうちに「自力で解ける」を再確認して「定着した」に変えること

この勉強方法がしっかりとできるようになれば、極度に勉強時間を長くしなくても成績UPにつなげることが可能です。
詳しくはこちらの記事にてまとめています。
ぜひこちらもあわせてお読みください。
(医学部多浪生が合格する3つの勉強方法)

独自のメソッド「TERAKOYA」授業で確実に成績UP

医学部予備校メディセンス
今回は数々の多浪生を合格させてきたメディセンスが考える、勉強したフリになるチェックリストについてご紹介させていただきました。
これらを解消すべく、メディセンスは独自のメソッドである「TERAKOYA」授業というオリジナルメソッドを作成しました。
わかったフリでは終わらない。
確実に自分の実力になる、効率的なメソッドは今年度杏林大学医学部正規合格した生徒からも好評をいただいております。(2021年度杏林大学医学部合格体験記)
このメソッドの詳細を知りたいという方は、ぜひメディセンスにお問い合わせくださいませ。
また、現在無料体験授業を受け付けております。
気になった方はぜひ、公式LINEまたはお電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 
 
 

無料学力診断受付中


1科目 60 分でテスト→専任プロ講師が弱点や課題点を分析し、アドバイスします。
東京麹町校または大阪天満宮校にて、全科目無料で参加できます。

↓以下のフォームから気軽にお申し込み下さい↓
https://medisense.co.jp/test-interview/

無料体験授業受付中


メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
ご興味ある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。

また、メディセンスではLINE、電話、メールにて随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」