医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部合格体験記・合格速報

【速報】東海大医学部編入合格!合格の秘訣を早速聞きました

医学部予備校メディセンスの垣本です。
今回は、今夏の東海大学医学部編入試験に合格した当校生徒の、最新合格体験記をご紹介いたします。
同じ志望校の皆さんは、この記事を読んで「自分もこうなるんだ」と明確にイメージし、さらに士気を高めましょう。

合格生徒の簡単な紹介

医学部受験 上位層 合格 メディセンス R.H君
高校からアメリカの学校
海外の大学を卒業後、帰国。
2020年4月頃から医学部受験勉強を始める
昨年度は国公立の編入を受けたが不合格。
様々な予備校を経て、今年度メディセンスの門を開いてくれました。

最新合格体験記

ー合格おめでとう!

ありがとうございます。

ーそもそもなぜ医学部を志望したの?

祖父が医者で小さい頃から医療の仕事が身近にあったこと、大学時代の友人達が医療に携わっていたことがきっかけです。
周囲の環境から、医療で社会に貢献するという認識を持ちました。

ー東海編入試験に向けてどう勉強した?

英語には元々そこそこ自信がありましたが、数年間分の過去問を行い、試験問題のレベルの高さを実感していきました。校舎長の先生や英語科の先生方に都度相談し、英語をさらにブラッシュアップし、自信をつけていきました。
そして、不安だった「日本語の記述」や「面接・プレゼン」に力を入れて取り組みました。
同時に、編入試験で合格できないことも考え、理数科目の勉強も並行して行いました。

ー面接対策で「初めての人と話す機会をなるべく設けよう」、と伝えたけど、一次試験受かってから二次試験までの行動力には驚きました…

いろいろなアルバイトの面接を10社くらい受けました!
初めて会う人に自分を表現する、とてもいい練習になりました。
そのうちの一社で現在働いてます!

ーたくさんの生徒を見てきたけど、面接に向けた取り組みをここまで真摯に行ってくれた生徒はめずらしい!面接対策や予備校に来ている時に何度か話をすると、授業と本番での緊張感に差異が出てしまうのは否めないからね…

ーいろいろな予備校に通っていたけど、メディセンスにきてよかったことはある?

面接対策は正直どこの予備校でも同じだな~と感じていましたが、「所作」や「話し方・伝え方」を指導してくれたのはメディセンスの小論文/面接指導の先生だけでした!
ここで学ばなかったら入退室の仕方や椅子に座るタイミング、自分の思っていることの伝え方などを知らないまま試験に行っていましたね…

ー普通のことを普通に出来るように、そのうえで自分らしく話しができるように、というのがメディセンスのモットーだからね。

ーそもそもどこでメディセンスを知ったの?

メディセンスの近くの予備校に通っていたんですが、「近くにも予備校があるんだ~調べてみよう」、とまずはHPを見ることになりました。
HPを見ていく中で、「授業外のサポートや二次対策をしっかり行ってくれそう」と感じたのでメディセンスに通うことにしました。
海外暮らしが長かったので日本語を書くことに不安があったのですが、テラコヤ時間に小論文の先生が親身になって指導してくれたのが印象的でした。
編入試験に失敗したことも考え、授業やテラコヤで一日の拘束時間が長い部分も決め手になりました。

ー受験生として親御様からのサポートは?

編入は特殊な試験であり、さらに自分の経歴も一般的な受験生とは違うため、いろいろな予備校を経験し、自分に合う予備校を探す機会をもらえました。
僕の要望に受かるまで聞いてくれた親に感謝しかないです。

ー受かったことを親御様に伝えたときどうだった?

そりゃあものすごく喜んでくれました!
自分の目標に向けて支えてくれていた親に、少しでも恩返しが出来たかな~と思いました。

ー受験で苦労したことはある?

大手の予備校にいた時、生徒はみんな授業をやってすぐに帰るといったスタイルだったので、一人で受験に向かう孤独感を感じていました。
その後、受験仲間ができてから勉強が楽しくなりました。

ー受験生に向けて

「わからない未来より、目の前のことに集中すること」が大事だと思います。
僕も一年目は失敗してしまい、不安で先が見えなく感じてしまいました。
それでも「いつまでにここまでやる」という、先生方のきめ細かい指導のおかげで、未来の不安を忘れ勉強に集中することができました。
あとは長期戦を考え、自分に合った環境に身を置くこと。
勉強ももちろん大事だが、程よく息抜きをして、心身共に効率良く勉強に取り組める環境が大事だと思います。

編入試験のご相談ならメディセンス

医学部予備校メディセンス
メディセンスでは、編入試験の対策も行っています。
小論文や面接の対策、どの大学を受験すべきかなど、ご不安なことがありましたら、まずは無料でご相談ください。
公式LINEまたはお電話にて随時無料相談受付中です。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 
 
 

無料学力診断受付中


1科目 60 分でテスト→専任プロ講師が弱点や課題点を分析し、アドバイスします。
東京麹町校または大阪天満宮校にて、全科目無料で参加できます。

↓以下のフォームから気軽にお申し込み下さい↓
https://medisense.co.jp/test-interview/

無料体験授業受付中


メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
ご興味ある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。

また、メディセンスではLINE、電話、メールにて随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」