医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部受験ニュース 医学部受験要項・大学情報

入学時から利用可能!返済免除の奨学金制度(大学独自)のある私立大学医学部まとめ

医学部予備校メディセンスの垣本です。
入学時から利用できる、返済免除の奨学金制度のある私立大学医学部についてまとめます。
ただし日本学生支援機構の給付型奨学金は除き、その大学独自の奨学金に限ります。
ぜひ最後まで読んで参考にしていただけたら幸いです。

返済免除の奨学金制度のある私立大学医学部

岩手医科大学

1.入学時学納金減免制度
一般選抜合格者のうち、成績が優秀な学生については、初年度学納金の一部を減免します。

入学試験成績 金額
1位の合格者 3,000,000円
2位の合格者 2,000,000円

2. 岩手県の奨学金
(1)医療局医師奨学資金貸付制度

応募資格
将来、岩手県立病院等の医師として業務に従事しようとする意思を持つ者(大学、出身地は問いませんが、岩手県出身者に優先的に貸し付けます。なお、歯学部学生は除きます。
募集人員:一般枠 8名
貸付額:一般枠 月額30万円(6年間総額2,160万円)
返還免除
医師として岩手県内で2年間の臨床研修を受けた後、岩手県立病院等で貸付を受けた年数勤務(義務履行)することにより、返還が免除されます。
(2)市町村医師養成修学資金貸付制度
応募資格
将来、県立及び市町村立等の医療機関の医師として業務に従事しようとする意思を持つ者(出身地は問いません)
募集人員:15名
貸付額:月額20万円、入学一時金760万円(私立大学入学者のみ)
返還免除
医師として2年間の臨床研修を受けた後、県立及び市町村立等の医療機関で通算6年間勤務(義務履行)することにより、返還が免除されます。

東北医科薬科大学

A方式-東北地域医療支援修学資金(宮城県)
金額(6年間)3,000万円
定員数30名
返還免除条件
宮城県知事が指定する医療機関等に10年間勤務すること(初期臨床研修期間の2年間を含まない)
A方式-東北地域医療支援修学資金(宮城県以外の東北5県)
金額(6年間)3,000万円
定員数5名(各県1名)
返還免除条件
宮城県以外の東北5県で医療機関等に8~10年間勤務すること(初期臨床研修期間の2年間を含まない)
B方式-東北地域医療修学資金(宮城県以外の東北5県)
金額(6年間)1,500万円+1,100万円~
定員数20名
返還免除条件
宮城県以外の東北5県で医療機関等に一定期間勤務すること(9年程度)

国際医療福祉

医学部特待奨学生奨学金
金額:1年次 250万円、2年次以降 230万円
*上記に加え入学金150万円を免除
人数:50人
内容
一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜、留学生特別選抜、帰国生および外国人学校卒業生特別選抜の成績上位合格者を対象とした制度です。奨学金は毎年度給付し、各年度の学生納付金に振り替えます(入学後の修学状況により、次年度以降給付対象とならない場合があります)

自治医科

修学資金貸与制度
「自治医科大学医学部修学資金貸与規程」に基づき、入学者全員に必ず学生納付金相当額及び入学時学業準備費を貸与するもの。
この制度により、入学時に入学金、授業料等の準備は不要となります。
この修学資金は、大学を卒業後、直ちに、学校法人が修学生の第1次試験の試験地の属する都道府県知事の意見を聴いて指定する公立病院等に医師として勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた期間の2分の3(1.5倍)に相当する期間(その勤務期間のうち2分の1は、知事が指定するへき地等の指定公立病院等に勤務する。)に達した場合は返還が免除されます。

獨協医科

獨協医科大学医学生教育ローン利子補給奨学金(給付)
総合型選抜(旧AO入試)入学生及び第4学年以上の在学生で、学費支弁が困難なため、学生又は保護者等学費支弁者が金融機関から教育(学資)ローンの融資を受けた者に対して、経済的負担を軽減する観点から、在学期間中の学納金相当額に係る利子の一部(年額20万円を上限)を奨学金として補給する制度で、一定の条件を満たす者を対象とします。
栃木県医師修学資金
貸与額:6年間で2,200万円

返還免除
栃木県の指定する公的医療機関等に修学資金貸与年数の1.5倍の期間(初期臨床研修期間を含む。)勤務すると返還が免除されます。
通常は9年間で、初期臨床研修期間(獨協医科大学病院で実施)の2年間を含みます。

埼玉医科

埼玉県地域枠医学生奨学金
埼玉県と埼玉医科大学が連携して、埼玉県の地域医療を担う医師を養成するために設ける貸与型奨学金制度です。 卒業後、貸与期間の 1.5 倍の期間、埼玉県並びに本学が指定する医療機関又は 特定診療科に医師として勤務することにより、貸与した奨学金の返還が免除されます。 学校推薦型選抜(埼玉県地域枠)の合格者に貸与します。
・貸与額 月20万円(総額1,440万円)
・貸与期間 6年間
埼玉医科大学医学部特別奨学金
学業優秀な者に対し経済的援助を行うことにより、本学の建学の理念に沿い、将来本学の一員として医学・医療の発展に貢献し活躍できる人材を育成するために設ける貸与型奨学金制度です。 卒業後、貸与期間の 1.5 倍の期間、本学に勤務することにより貸与した奨学金の返還が免除されます。 大学入学共通テスト利用選抜の出願時に申請を受付け、奨学金貸与者を決定いたします。
・貸与額 入学時 350万円、2年次以降 年300万円(総額1,850万円)
・貸与期間 6年間
第1種特別待遇奨学生(埼玉県地域枠医学生奨学金受給者)
初年度納付金から550 万円を免除します(学校推薦型選抜(埼玉県地域枠)で入学した者に限ります)。
第2種特別待遇奨学生(埼玉医科大学医学部特別奨学金受給者)
入学金200 万円を免除します。
第3種特別待遇奨学生
1〜5年次の成績優秀者上位10名に次年度学費100 万円を免除します(1 年間)。

北里

模原市地域医療医師修学資金貸付制度〔医学部一般選抜試験(相模原市修学資金枠)〕
対 象:医学部1年次生(一般選抜試験受験者)*出願時に選択
人 数:未定(2021年度実績2名)
貸与金額:入学金、授業料、施設設備費、教育充実費(1年次~6年次の合計:3,890万円)
出願資格:在学期間中、貸付制度を継続して活用し、将来、相模原市の総合診療医または総合内科医として医師の業務に従事しようとする意思があり、また同種修学資金や奨学金等の貸付を受けていない者
貸与期間:6年(留年・休学した場合は貸与休止、退学した場合には貸与額全額に利息を付けて返還)
返還免除要件
次の条件を全て満たせば、返還が免除されます
・大学卒業年度に実施される医師国家試験に合格すること(不合格の場合は大学卒業後2年以内に医師国家試験に合格すること)
・医師国家試験合格後、直ちに相模原市長が指定する医療機関にて臨床研修を開始すること
・臨床研修終了後、引き続き、相模原市長が指定する医療機関にて、総合診療医又は総合内科医として7年間(臨床研修の2年間を合わせ計9年間)従事すること
医学部特待生
[入学時特待生]

医学部では、一般選抜試験合格者の中から次の2区分による特待生を選考し、学費の一部または全額を免除します。
第1種
免除額:38,900,000円
人数:若干名(選考面接あり)
第2種
免除額:19,450,000円
人数:若干名(選考面接あり)

慶應

慶應義塾大学医学部人材育成特別事業奨学金(合格時保証型)
この奨学金は、医学部独自の合格時保証型奨学金で、一般入学試験成績上位者10名程度に、第1~4学年の各年度継続的に1人あたり年間200万円(総額800万円)を給付する大型奨学金です。給付型の奨学金なので、返済の義務がありません。
学問のすゝめ奨学金
本奨学金は、慶應義塾大学の学部第1学年に入学を強く希望する首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の高等学校等出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により本学への入学に困難を来している受験生に対し、経済支援を行うことを目的とします。奨学金の使途は学費とし、返済義務はありません。奨学生候補者としての採否結果は一般選抜出願前に決定し、入学試験合格・本学への入学手続後に所定の手続をとることで正式採用となります。奨学金額は年額60万円(医学部は90万円、薬学部は80万円)です。入学初年度には、上記の金額とは別に入学金相当額(20万円)を給付します。

順天堂

学費減免制度 A特待生
要件 医学部入学試験において学力試験および人物識見が極めて優秀な合格者
学費減免・期間 2年間の授業料・施設設備費・教育充実費(計448万円)を免除する。ただし、2年次の学費減免については、1年次総合成績の上位1/3以内を修めた場合に適用する。
3~6年次については、上記成績基準を維持し、他の学生の模範になると認められた場合に適用する。
6年間で最大1,880万円が減免
対象者 若干名
学費減免制度 B特待生
要件 医学部入学試験において学力試験および人物識見が特に優秀な合格者
学費減免・期間 初年度に限り授業料・施設設備費(計90万円)を免除
対象者 若干名

昭和

昭和大学特待制度
特待制度として、一般選抜入試(Ⅰ期)および大学入学共通テスト利用入試(B方式 : 地域別選抜)の上位合格者は初年度の授業料が免除されます。
一般選抜入試 大学入学(Ⅰ期 ):75名
共通テスト利用入試(B 方式:地域別選抜) :12名
免  除  額(初年度授業料): 3,000,000円
昭和大学奨学金
貸与額500,000円または600,000円
人数68名/年
卒業後10年間で返済。無利息。

帝京

帝京大学地域医療医師確保奨学金
選考基準
次の条件を満たす者

福島県、千葉県、茨城県、静岡県(本学と連携している都道府県)の医師修学資金を申請し、本学を卒業後、県が指定する医療機関に指定された期間を勤務する意思のある者、または帝京大学医学部附属溝口病院、帝京大学ちば総合医療センターのいずれかに指定された期間を勤務する意思のある者。
高等学校もしくは中等教育学校を2020年3月または2021年3月に卒業した者。
成績優秀にして、かつ心身健全である者。
入学後の学業成績、面接、出願書類などを統合して1年次後期に選考する。

募集定員
4名程度

貸与金額
【初年度】入学金全額、授業料半額、医学教育維持費初年度納入額の合計額相当
【2年次以降】入学年次の授業料の半額、医学教育維持費該当年度納入額の合計額相当

貸与期間
学則の定める正規の在学期間の範囲

返還免除の条件
次に掲げる各号の要件を満たした場合は、返還債務を免除することができる

医師免許
大学卒業後2年以内に医師免許を取得する

初期臨床研修
県の修学資金を受けた者は、各県の貸与規定に従い初期臨床研修を行う
県の修学資金を受けない者は、本学分院で初期臨床研修を行う
初期研修後の勤務
県の修学資金を受けた者は、各県の貸与規定に従い勤務する
県の修学資金を受けない者は、本学分院に勤務する
勤務義務期間
本学の貸与期間の1.5倍に相当する期間(一律9年間)を勤務する

東海

東海大学医学部医学科特別貸与奨学金
特定地域医療機関への就職を希望する医学部医学科学生

人物・学業成績ともに優れ、特定地域医療機関への就職を希望する医学部医学科学生に対して貸与。医師の資格を取得後、直ちに本学が指定する特定地域医療機関(原則本学付属病院群)において、奨学金の貸与期間医師又は医学部医学科教員として勤務した場合は奨学金の返還が免除される。

定員:10名
奨学金額:年額200万円

日本医科

特待生について
①一般選抜(前期)成績上位者30名のうち入学した者
②一般選抜(後期)成績上位者10名のうち入学した者
③一般選抜(後期)「大学共通テスト(国語)併用」 成績上位者3名のうち入学した者  
を特待生として、初年度授業料(250万円)を免除いたします。

特待生学納金
初年度:200万円
6年間学納金:1,950万円

聖マリアンナ医科

聖マリアンナ医科大学特待生
資格 合格者のうち、入学試験における成績・人物ともに優秀な者。
給付額 初年度の授業料、教育維持費、教育充実費相当額(540万)を免除する。
静岡県医学修学研修資金(聖マリアンナ医科大学特別枠)
 将来、医師として静岡県内の公的医療機関等に勤務する意思のある者に、年間 240万円貸与され、一定期間勤務するなどの条件で返還が免除される。
 聖マリアンナ医科大学特別枠は、静岡県内の公的医療機関に勤務する医師を効果的に確保する目的で本学に貸与枠が設けられており、一般枠に優先して貸与される制度。

金沢医科

金沢医科大学医学部特別奨学金貸与制度
金沢医科大学には、将来、本学の一員となって医学・医療の分野で貢献する人材の育成を目的とした「特別奨学金貸与制度」があります。
この制度は、卒業後、本学に勤務し本学の発展に寄与する意志を有する方に対して学校推薦型選抜(指定地域)及び一般選抜(前期)合格者で成績優秀な方の中から審査を行い、授業料相当額(330万円×6年間=1,980万円)を貸与する制度です。

1.募集人員
約3名 <一般選抜(前期)約2名、学校推薦型選抜(指定地域)約1名>
2.申請要件
本学卒業後、直ちに本学に勤務し本学の発展に寄与する意志を有する者
3.貸与額
毎年330万円×6年間  合計1,980万円
4.申請方法
令和3年度一般選抜(前期)及び学校推薦型選抜(指定地域)に出願される際に、本学所定の「特別奨学金貸与申請書」を本学ホームページの入試情報サイトまたはネット出願サイトからダウンロードし、必要事項を記入して出願書類とともに提出してください。
5.貸与決定
一般選抜(前期)及び学校推薦型選抜(指定地域)の第2次選抜の合格通知とともにお知らせし、関係書類を送付いたします。
なお、貸与にあたり連帯保証人2名(1名は父母又は後見人とし、他の1名は別の独立した生計を営む成人)が必要です。
6.奨学金の返済・免除
卒業後は貸与を受けた奨学金の全額を一括返還していただきますが、直ちに本学に勤務し、その勤務期間が通算して5年間に達したときは返還債務の全額を免除します。
 

藤田医科

医学部 成績優秀者奨学金制度
条件
入学試験成績上位者[一般入試(後期)、センター試験利用入試(後期)]および入学後成績優秀者(上位1/3以上)で、申請手続きをおこなった者の中で、成績上位の者から奨学金を貸与する。ただし、地域枠入学者は除く。
貸与金額:年額150万円
定員:10名(入学試験成績上位者:一般入試(後期)5名、センター試験利用入試(後期)5名)
5名(入学後成績優秀者)
返還の免除
①本学を卒業し、かつ医師の資格を取得した後、直ちに本学病院または本学が指定した医療施設で一定期間医師の業務に従事すること。
②前記①が返還免除期間に満たないときは、従事期間に応じ貸与を受けた奨学金の一部の返還を免除します。
医学部修学資金 貸与制度
条件
1医師の資格を取得した後、直ちに本学の大学病院又は本学で指定する医療施設において5 年間医師の業務に従事することを確約できる者
2前記1)に引き続き、愛知県の指定する公的医療機関において、5年間医師の業務に従事することを確約できる者
3連帯保証人1 名及び保証人若干名を付することができる者

貸与額
1本学の修学資金制度(貸与総額900 万円)
①入学年度に年額300 万円
② 2 年次以降は年間120 万円を5 年間

2愛知県の修学資金制度(貸与総額1,110 万円)
①入学年度は月額17 万5 千円
② 2 年次以降は月額15 万円を5 年間

返還免除
卒業後(医師免許取得後)、本学又は関連病院(愛知県内)で初期・後期臨床研修の5 年間勤務し、その後愛知県が指定する公的医療機関において5年間地域医療に従事すると修学資金の返還が免除されます。
 

大阪医科

入学時特待生制度
一般入学試験の前期1次試験合格者上位100名以内、且つ当該入学試験で入学される方は、入学時特待生として入学時納付金が242万円減免されます。
納付額は、入学金100万円と授業料64万円、実習料12万円の合計176万円となります。
大阪医科大学医学部奨学金
貸与期間:1年間(ただし、次年度以降も再出願できます。)
貸与額 :年額およそ170万円。無利子
貸与人数:30名以内
返還金額:貸与額によって異なりますが、年額90万円弱を12年以内で全額返還。
卒業後、返還猶予・免除される条件があります。(本学附属病院での研修医期間・本学大学院在学期間・本学基礎系講座在籍期間)
 

関西医科

関西医科大学特待生制度
免除金額:授業料(前期)、実験実習費および教育充実費 合計115万円
選考基準:一般選抜試験〈3教科型〉合格者のうち成績優秀者

近畿

近畿大学奨学金
給付金額:年額300,000円
資格:大学・短期大学部に在籍の者で、学業成績が優秀でありながら、経済的理由により修学が困難な人
給付期間:1年間(毎年出願可能)
奨学金を希望する新入学生は、入学手続き後に送付される冊子(在学生は窓口配布)を読み、医学部学務課に申請してください。

兵庫医科

特定診療科医師養成奨学制度
(1)応募資格
2022年度兵庫医科大学一般選抜A(4科目型)を受験する者のうち、次項で指定する診療科を強く志望する者で、本学での臨床研修を優先し、臨床研修後引き続いて本学の当該診療科医師として卒業時から通算して5年以上勤務する意思のある者
(2)募集人員(3名)
(3)貸与者選考試験
日時:2022年2月15日(火)16:00~
場所:兵庫医科大学
試験内容:面接試験
貸与者の発表
ア.日時:2022年2月17日(木)10:00
イ.発表方法:電話連絡、文書通知等
注意
ア.貸与者選考試験は、本制度の利用を希望した者のうち、本学一般選抜A(4科目型)合格者及び同補欠上位者から選抜して実施します。(該当者は、本学合格発表に併せて発表します。) 
イ.選考の結果、本制度による奨学生とならなかった場合でも、本学の一般学生として入学することが出来ます。
(4)貸与額・貸与期間・貸与方法
貸与額 285万円/年(後期学納金相当額)
貸与期間 入学年から卒業までの6年間
貸与方法 学費の一部として充当

産業医科

修学資金制度
この制度は、産業医科大学医学部の学生に修学資金を貸与し、学生の修学を経済的に援助することにより、優れた産業医等の育成を目的としている制度です。
修学資金は、入学者全員に、産業医科大学の学生納入金の一部(旧国立大学の学生納入金との差額にほぼ相当する額)を、入学から卒業するまでの間(8年を限度)貸与され、卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間、産業医等の返還免除対象職務に従事しますと、返還の義務が免除されます。
 

医学部受験、値段を抑えて合格したい


返済免除の奨学金制度のある私立医学部をご紹介しました。
金銭的に余裕のない中、医学部受験にチャレンジするのは不安なことも多いかと思います。
メディセンスは、金銭的に余裕のないご家庭からの医学部受験を応援しています。
医学部専門予備校の中ではかなり良心的な価格設定が毎年好評です。
学費の具体的な詳細を知りたいという方は、ぜひお電話または公式LINEからお問い合わせくださいませ。
メディセンス職員一同、あなたの受験を応援しています。

 医学部予備校メディセンス
代表取締役 垣本真吾
略歴:灘高等学校、東京大学農学部卒業
1児の父、父は元大手予備校講師、兄は医者

 
 
 

無料学力診断受付中


1科目 60 分でテスト→専任プロ講師が弱点や課題点を分析し、アドバイスします。
東京麹町校または大阪天満宮校にて、全科目無料で参加できます。

↓以下のフォームから気軽にお申し込み下さい↓
https://medisense.co.jp/test-interview/

無料体験授業受付中


メディセンス東京麹町校・大阪天満宮校、そしてメディセンスオンラインでは只今無料体験授業を随時募集中です。
ご興味ある方はお電話or公式LINEにて、お気軽にご相談ください。

また、メディセンスではLINE、電話、メールにて随時無料相談受付中です。
医学部受験のプロ達が相談に応じます!
ぜひお気軽にご相談ください!

東京麹町校へのお電話はこちら
03-5211-7800

大阪天満宮校へのお電話はこちら
06-6356-8871

 


偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」