医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

2021年度・医学部受験のしおり(入試要項・対策アドバイス)

【2021年度 受験のしおり】東海大学: 入試要項・2020年度の合格最低点/倍率・入試対策まで完全ガイド

医学部予備校メディセンスが、2021年度の医学部受験のしおり(東海大学)をお送りします。

入試日程と受験会場アクセス、募集人数などの募集要項を網羅。
また、合格最低点や合格倍率、更には医学部受験合格の実績豊富な「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスまでお伝えします。

 

入試要項/受験基本情報

入試日2/2(火)・2/3(水)10:00試験開始
出願期間1/4(月)~1/22(金)
募集人数60人
入試会場(東京五反田TOCビル本館・TOC五反田メッセ
五反田駅(JR・都営浅草線・東急池上線)西口出口より徒歩10分

入試会場(大阪)CIVI研修センター新大阪
新大阪駅(JR・OsakaMetro)東口すぐ

 

1次試験の概要

理科記・マ(生物は記述)
数学記述
英語記・マ
合格最低点未発表
合格最高点未発表
志願者1次合格倍率10.79倍
1次試験合格発表2/7(日)

 

1次試験のスケジュールと科目詳細

教科科目時間配点
理科3科目のうち2科目を選択
『物理基礎、物理』
『化学基礎、化学』
『生物基礎、生物』
10:00~11:10(70分)100点
数学『数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトル)』12:10~13:20(70分)100点
英語『コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』『英語表現Ⅰ・Ⅱ』13:50~15:00(70分)100点

 

入試対策・ワンポイントアドバイス

科目ワンポイントアドバイス
化学問題量は多めで標準の難易度の出題が多いです。しっかり問題文を読み、解ける問題から優先的に解きましょう。結晶格子は頻出なので、金属の密度を直前に覚えておくとよい。
物理物理を選択するのは博打的要素もあるといって良いほど、難度の高い問題が含まれていることが多い。慎重に全問題を見渡して確信を持って解ける問かどうかを判断していこう。
生物遺伝情報、体内環境、代謝からの出題が多い。前半の知識問題を速く確実に解答し、後半の複雑な実験考察・論述問題に時間を割けるかが重要である。問題の難易と時間配分に注意。
数学1日目・2日目、年によっての難易度の差が激しい。小問集合ではデータの分析、大問では微積分・数列・確率に関する出題が多い。
英語内容一致の根拠は本文順。英作は「使える表現」を探すこと。マーク8割、記述7割を死守。

 
 

PDF版の受験のしおり

■東京会場
受験のしおり2021年度_東京_修正_HP用(ドラッグされました) 24

 
■大阪会場
受験のしおり2021年度_大阪_修正_HP用(ドラッグされました) 24

 
 

全医学部受験大学の受験のしおり・まとめページ

下記のページでは、全医学部受験大学の受験要項、「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスをまとめています。
2021年度の医学部受験の準備・対策にご活用下さい。

 

 
 


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」