医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

医学部合格体験記・合格速報

【帝京大学・医学部】現役合格体験記:不得意な理科を得意科目・合格のキーに

帝京大学・医学部 現役合格体験記

 
「メリハリをつけた勉強で現役合格できました」と語る、大井田 爽さん。
今回は、医学部予備校メディセンスでの勉学を通じ、現役で帝京大学・医学部に合格した生徒の合格体験記を、講師陣との対談形式でご紹介します。

 

Q1: 厳しい医学部受験を乗り切り、帝京大学・医学部に合格した今の気持ちは?


現役で受かることができたこともあり、とてもうれしく達成感もあります。

 

Q2: 医学部を志望した動機は?


両親が医者をしており、幼い頃から私自身も憧れていたことから、医者を目指しました。

 

Q3: 予備校を選ぶうえで、メディセンスに決めた理由は何ですか?


はじめに、面倒見が良いという評判を知り、メディセンスのホームページを確認し、実際に訪れて相談させて頂きました。
説得力を感じた点と、合格のために様々な厚遇をしてくれましたので、入塾を決めました。

 

Q4: 当校での受験生生活・勉強はどうでしたか?


勉強するときは徹底的に勉強し、一方で休むときは思いきって休むと、メリハリをつけて頑張っていました。
また、現役生はやはり理科が(受験本番までに)間に合わないと聞いていたので、毎日理科中心のスケジュールで勉強していました。

 

Q5: メディセンス講師のサポートはどうでしたか?


特に理科は本当に間に合うか心配でしたが、本多先生と垣本先生の指導のおかげで、逆に得意科目になり合格のキーになりました。

 

Q6: ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか?


おいしい食事や弁当を作ってもらったり、受験期苦しい時も声をかけてもらったりと、色々お世話になりました。

 

Q7: 志望校合格のポイントは何だと思いますか?


気合いですね。医学部に受かるか受からないかなどはひとまず考えずに、この目の前にある問題を絶対に解くぞ!という気合いこそが最も大切だと思います。

 

Q8: 将来の夢を教えてください。


まだはっきりとは決まっていませんが、将来は精神科医になろうと考えています。

 

Q9: 受験生に勉強方法や受験対策のアドバイスを頂けますか?


たとえ今の成績が振るわなくても最後まであきらめないで、普段の勉強を続けることが大切なので、継続して頑張ってください!

 
 

 


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」