医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

2021年度・医学部受験のしおり(入試要項・対策アドバイス)

【2021年度 受験のしおり】愛知医科大学: 入試要項・2020年度の合格最低点/倍率・入試対策まで完全ガイド

医学部予備校メディセンスが、2021年度の医学部受験のしおり(愛知医科大学)をお送りします。

入試日程と受験会場アクセス、募集人数などの募集要項を網羅。
また、合格最低点や合格倍率、更には医学部受験合格の実績豊富な「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスまでお伝えします。

 

入試要項/受験基本情報

入試日1/19(火)9:00入室着席
出願期間12/7(月)~1/7(木)
募集人数約65人
入試会場(東京ベルサール高田馬場
高田馬場駅(JR・西武新宿線・東西線)戸山口出口より徒歩約4分

入試会場(大阪)大阪南港ATCホール
トレードセンター前駅(OsakaMetro)徒歩約5分

 

1次試験の概要

理科記述
数学記述
英語マーク
合格最低点281点
合格最高点387点
志願者1次合格倍率5.46倍
1次試験合格発表1/25(月)

 

1次試験のスケジュールと科目詳細

教科科目時間配点
理科3科目のうち2科目を選択
『物理基礎、物理(「原子」を除く。)』
『化学基礎、化学(「合成高分子化合物」を除く。)』
『生物基礎、生物(「生態と環境」を除く。)』
9:30~11:10(100分)200点
数学『数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトル)』12:30~13:50(80分)150点
英語『コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』『英語表現Ⅰ・Ⅱ』15:00~16:20(80分)150点

 

入試対策・ワンポイントアドバイス

科目ワンポイントアドバイス
化学今回の入試では合成高分子は出題されない。天然高分子の出題は頻出なので、知識の確認とともに銀鏡反応やフェーリング反応の量的関係を確認しておこう。
物理難度の高い問題が出題される。その分合格に必要な点数も低いので、焦らず点数を積み上げていこう。実は基礎的な問いを全て点数にすれば、確実に例年の合格点以上の点数となる。
生物体内環境、遺伝、バイオテクノロジー、細胞からの出題が多い。内容は標準的だが計算、記述問題で得点の差が出るため問題集で典型問題の練習が必要。
数学小問集合+大問3題(記述あり)という形式。小問􏰷でしっかり得点を稼ぎたい。大問は難易度に差があるので、手が動いた問題から取り組もう。空間系の問題が出題されやすい。
英語知識重視の構成。意味は深追いせずに、文法語法の知識でとれる問題を優先的に取りに行くこと!

 
 

PDF版の受験のしおり

■東京会場
受験のしおり2021年度_東京_修正_HP用(ドラッグされました) 5

 
■大阪会場
受験のしおり2021年度_大阪_修正_HP用(ドラッグされました) 5

 
 

全医学部受験大学の受験のしおり・まとめページ

下記のページでは、全医学部受験大学の受験要項、「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスをまとめています。
2021年度の医学部受験の準備・対策にご活用下さい。

 

 
 


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」