医学部予備校メディセンス・公式ブログ

〜偏差値30からの医学部合格〜 メディセンス

2021年度・医学部受験のしおり(入試要項・対策アドバイス)

【2021年度 受験のしおり】北里大学: 入試要項・2020年度の合格最低点/倍率・入試対策まで完全ガイド

医学部予備校メディセンスが、2021年度の医学部受験のしおり(北里大学)をお送りします。

入試日程と受験会場アクセス、募集人数などの募集要項を網羅。
また、合格最低点や合格倍率、更には医学部受験合格の実績豊富な「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスまでお伝えします。

 

入試要項/受験基本情報

入試日1/24(日)9:00-9:30入室着席
出願期間12/17(木)~1/18(月)
募集人数74人
入試会場(東京)北里大学相模原キャンパス
相模大野駅(小田急線)北口よりバス(神奈川中央交通バス)25分~40分

 

1次試験の概要

理科マーク
数学記述
英語マーク
合格最低点256点
合格最高点365点
志願者1次合格倍率4.14倍
1次試験合格発表1/28(木)

 

1次試験のスケジュールと科目詳細

教科科目時間配点
理科3科目のうち2科目を選択
『物理基礎、物理(「原子」は除く)』
『化学基礎、化学』
『生物基礎、生物』
10:00~11:40(100分)100点×2
数学『数学Ⅰ(「データの分析」を除く)、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(「確率分布と統計的な推測」は除く)』12:40~14:00(80分)150点
英語『コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』『英語表現Ⅰ・Ⅱ』14:40~15:50(70分)150点

 

入試対策・ワンポイントアドバイス

科目ワンポイントアドバイス
化学 試験時間に対して問題量がやや多い。小問集合形式と同様で、前問が分からなくても次の問題に影響がないので、迷った場合や計算が煩雑な場合は、次に進みましょう。
物理比較的手の付けやすい問題が多く、原子分野からの出題はない。数学が非常に難化傾向にあるので物理で高得点をとっておきたいところ。
生物細胞、代謝、遺伝情報、体内環境、動物の反応からの出題が多い。実験結果の文章や表・グラフから考察する練習や問題形式に慣れるためには過去問演習が非常に有効である。
数学小問集合+大問2題(記述あり)という形式。昨年度は全体的に難しかった。例年では小問で得点を稼ぎ、大問で少しでも得点することが目標。計算量が多い大問もあるので注意。
英語文法判断できる設問は減少傾向。テンポよく解き進め、最後に大問1にじっくりと取り組もう。

 
 

PDF版の受験のしおり

受験のしおり2021年度_東京_修正_HP用(ドラッグされました) 12

 
 

全医学部受験大学の受験のしおり・まとめページ

下記のページでは、全医学部受験大学の受験要項、「医学部予備校メディセンス」講師陣からの入試対策・ワンポイントアドバイスをまとめています。
2021年度の医学部受験の準備・対策にご活用下さい。

 

 
 


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

偏差値30からの医学部合格【定員制】医学部予備校「メディセンス」